MY特効薬

動物病院へは札幌のど真ん中を運転して行くのだけど、
これが途中で一回は交通事故現場を見る事故多発地帯。

今まで郊外や田舎ばっかりで
中心街を運転したことことのなかったわたしにとっては
結構ハラハラドキドキの連続。

そんなわけで、家に帰ってくると「あぁ脳みそが疲れた~」って感じなのだけど、
この時の脳ストレス解消に一番効くのがこちら

☆DSC_0909 (1)thum
 病院と散歩を終えて、ぐっすりのキミ

※最近は自分のベッドより、広々としたお古の布団が気に入ってしまった

お茶やオヤツで一息入れても余り緊張感は抜けないのだけど、
不思議とこの寝顔を見ていると、スーーっと疲れと緊張感が引いてゆく。

☆DSC_0908 (1)thum
 今はエリザベスカラーもとっちゃって、のびのびお休み~

<おまけ:朝のぐり↓>

☆DSC_0902 (1)thum
 キミのぬくもりが残っている場所に必ず座るのだった。


~~~~~~~~~以下の2つに参加中~~~~~~~~~

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村


キジトラ猫ランキングへ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
korokorohanaさん☆ 爪そうなのよ~(バレた?) この時がマックスで肩に登られると痛かった・・・
 私一人で何度かチャレンジしたけど逃げられてばかりで、一昨日ちゃろーさんと二人がかりで
 やっと切ることができました! 今はよじ登られても全然痛くなくて、快適になった~♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★コメント欄開けておりますが、バタバタ中で個別のお返事できなかったらごめんなさい!★  

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

片付けられない女って言わないで

秋の引っ越しに向けて、
ぼちぼち本を捨てていこうとしている現在。

まだ読んでなくて、でもいつか読むかな~と
1年以上とってある本だって、今回は思い切って捨てるのだ。
・・・と意気込んでいたのだけれど。

_★DSC0696 (1)thum
 今日も散歩待ってます (本文と写真が関係ない)

本棚の肥やしになっていた、
J・ラヒリ『その名にちなんで』等々何冊かは、
「せめてサラーっと斜め読みだけでもしてから・・・」
とかなってしまい、結局普通に読書しているこの夏。

_★DSC0644 (1)thum
 変な顔になってる

そして何冊か読み終えた今、終盤にかかっているのが、
P・ハーディングの『ティンカーズ』。
これは最初の30頁程を読んで、「あ~これ苦手なタイプやわ」と、
ずーーっと何年も投げていた一冊で。
(”鏡張りの狭苦しい空間での「私考察」”みたいなタイプの小説が苦手。)
でも中・後半からグイグイと引き込まれて、
映像が次々にドァーっと広がる感じになってきて、
「あ~、こんなに最初の印象と違う小説もあるもんやなぁ」と、
珍しい体験をさせてもらったような、そんなありがたい気分に・・・・。

そしてふと目を上げると、
部屋の本が全然減っていないという現実を突きつけられる今日この頃。

<おまけ↓>
_★DSC0677 (1)thum
 「・・・あーー・・・」


_★DSC0679 (1)thum
 「あっちーーーぃ

それでもやっぱり、
外が大好きなんだよね


~~~~~~~以下の2つに参加中~~~~~~~

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村



★コメント欄と私のFC2訪問足跡機能をお休みしております~★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ↓今の動物達の表情がたくさん紹介されています 
  『どうぶつ救援本部』

  ☆救援物資、義援金、ボランティア募集情報
  ☆被災ペット情報

  ・社団法人日本獣医師会 等々

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

テーマ:■MIX犬■ - ジャンル:ペット

さんきゅ

本州の友人が、遠路はるばる
ここ道北日本海側にまで遊びに来てくれたこの連休。

一日目の夜はお店で地鶏をつつきながら、とことんトーク。
で、二日目は日本海の美味しい海鮮丼でも食べてもらおうと思ったら・・・・
となりの小さな増毛町は、(※ましけ。「ぞうもう」ではないのよ)
大賑わいで、お店はどこも大行列!!

_DSC0707thum.png
 酒蔵でも有名な増毛町

うぅーむ。 さすがは北海道の短い夏の三連休。
ビーチに行かない人は、やっぱウニ丼なんやな。(←そうなのか?)
で、結局友人と二人、喫茶店に入って
コーヒー飲みながら・・・やっぱりとことんトーク。
ウニ丼もいいけど、旧友とのおしゃべりはなによりのご馳走なのだった。

_★DSC0712 (3)thum
 「あ、おかえりなさ~い」(半日程お留守番だったキミ)

わたしにとって彼女は、
ふと顔が浮かぶときにも、心から幸せを願う旧友。
「幸せを願う」のは、今幸せじゃないと思っているとかではもちろんなくて、
その人のことを思い出すたびに、その人の芯のよいところ、
幸せに値する価値のようなものを同時に感じるので、
自然と幸せを願う、そんな気持ち。

_★DSC0713 (2)thum
 カメラはいいから、早くかまってほしいキミ

そして彼女と話していて、
懐かしい昔の仲間の名前がでてくると、
やっぱりそんな風に幸せを願う人たちがポっポっといて、
そうした縁は大切にしていきたいなぁと改めて感じた今回。

何より、遠く離れていても「会いたい、話したい」と思ってくれる、
しかも実際に行動に移してくれる人がいるって
幸せで本当にありがたいことやなぁとしみじみ。

よーーし、今度は札幌で会おうねーーっっ。
(10月・11月位に札幌に引っ越す予定。)

<おまけ>
もう何年もキミが「ワン」と鳴くのを聞いてないけど、
留守番の後、家に戻ってくると、こんな風に・・・・

_★DSC0710 (1)thum[1]
  ハ~

_★DSC0711 (1)thum
 オォ~~ン

と高い声で遠吠え(?)を聞かせてくれる。


にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
バナーbr_decobanner_20120217112313
人気ブログランキングへ

★コメント欄と私のFC2訪問足跡機能をお休みしております~★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ↓今の動物達の表情がたくさん紹介されています 
  『どうぶつ救援本部』

  ☆救援物資、義援金、ボランティア募集情報
  ☆被災ペット情報

  ・社団法人日本獣医師会 等々

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

テーマ:■MIX犬■ - ジャンル:ペット

昔のはなし

休日バージョンということで、
今日は珍しく、子供の頃の思い出話など。

DSC08619 (2)_s
 大昔ね・・・
 (なので写真は本文と関係なし)


小学生の頃、勉強が全然できなかった私。
小学2年生にして、早くも漢字のテストで0点をとり、
小学3年生の“わり算の筆算”で、完全に「算数なんて死んでしまえ」の境地に。
恐ろしいことに、宿題なんてものを家でやった記憶も全然ない。

そんな崖っぷちだった私を、なんとか「淵」で留めてくれていたのが、
優秀だった3つ年上(学年は2つ上)の姉と、後は毎月の「学研の科学と学習」。
学校ではほとんど何も学ばなかった私だけど、 (←オイオイ)
「学研の科学と学習」の付録と本は、毎月本当に心待ちにしていた。
(ただし、ちゃんと文章部分まで読む姉とはちがって、
マンガの部分しか読んでなかったけど・・・。)
そして、そこで浮かんだ様々な疑問を姉にぶつけては
丁寧な回答を得て、「ねーちゃん、すげーー」と驚く鼻水タレな妹だったわけだ。

DSC_0535 (1)_s
 「あたしにも色んな疑問がある・・・。」(キミ)

そんな小学生時代のある日、
学研の科学のマンガに「光の速さ」の話があった。
そこには、「私達が見上げる夜空の3000光年離れた星の光は、
実はエジプト文明の人達が生きていた時代に輝いた星なのです!」
みたいな説明と一緒に、クレオパトラみたいな化粧の人達が
夜空を見上げているマンガが描かれていた。
 
早速姉をつかまえた私、
「これはホンマなん?じゃあ、今見てる空のほとんどの星は、
今じゃなくて昔に輝いた光なん??」と、“教えてねーちゃんタイム”に突入。
「そうやなぁ、自分で輝いてる星は一番近くても何光年も離れてるから、
最低でも何年か前に輝いた光が、今私らの目に届いてんなぁ。」と、姉。
それを聞き、「わぁぁ・・・」と胸のトキメキを覚えた私。
色々な異なる時代で輝いた光を受けとっているこの世界に、
なんだか果てしないロマンを感じちゃったわけだ。

DSC_0526 (1)_s[2]
 「走りはじめると、いつも不思議に思うけど・・・」


DSC_0539 (1)_s[3]
 「どうしてちゃろーは、こんなに足が遅いんだろう?」
 (※もと陸上部の短距離選手だから、人にしたら十分早いのよ)


・・・と、ここでとまっていれば、
リトルキッドの夢あふれるお話で終わるわけだけど、
ここでふとある疑問が浮かんでしまった。
「ん?光が届くのに時間がかかるんやったら・・・じゃあ・・・
今わたしの目の前におるお姉ちゃんも、私に見えてんのは
ものすごい今に近い、か、過去のお姉ちゃんってこと??」
「・・・うーーん、まぁ正しくはそういうことになるなぁ。」と、思わず苦笑いの姉。

どげげげーーーん (私の衝撃の音)

一瞬にして脳内旅行に連れて行かれた私は考えた。
じゃあ、光の速さを超えられへんってことは、「本当の今」は絶対に見られへんのや・・・
じゃあ、「今」とか「同時に」って、一体なんなんやろう・・・?

なんだか、生まれて初めての哀しい感覚を感じた私。
もちろんそれまでも、(大好きだった親友のセキセイインコが死んだ時とか)
ものすごく悲しい、辛い、という感情は経験していたけれど、
そういうのとも違う、それがたぶん生まれて初めての
「空しく、哀しい」という感覚だったのかもしれない。

DSC_0559 (1)_s[2]
 「・・・どうして公園の水は、わざわざこんな上向きに
  あたしが飲みにくいように出てるんだろう?」


この他にも、「重さが違う物も、同じ速さで落下する」という
有名な“ガリレオのピサの斜塔の実験”を学研のマンガで読み、
急いで姉のところに駆けつけて、
「でも羽と鉄球を落としたら、鉄球の方が早く落ちるやん。
 ここに書いとんの嘘とちゃう??
と、訴えたり。

・・・・今大人になって改めて思う。
お姉ちゃん、ありがとう。 そしてごめんなさい。

DSC_0550 (3)_s[1]
 「そして・・・あたしはどうして、これを食べずにいられないんだろう?」 
 (若干にがそうな表情のキミ)


にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

バナーbr_decobanner_20120217112313
人気ブログランキングへ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ↓HPがリニューアルされて、今の動物達の表情がたくさん紹介されています 
  『緊急災害時動物支援本部』

  ☆救援物資、義援金、ボランティア募集情報
  ☆被災ペット情報
  ☆被災者の方へのペット可物件情報

  ・財団法人日本動物愛護協会
  ・公益社団法人日本動物福祉協会
  ・公益社団法人日本愛玩動物協会
  ・社団法人日本獣医師会

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ★ コメント欄休んでおります~ ★
柴犬系雑種犬 動物写真 北海道 札幌

テーマ:■MIX犬■ - ジャンル:ペット

今日の(少しだけ)悲しかったこと

いつもの習慣で、
6時過ぎに目覚めた休日の朝
(歳なのか?)
 
 DSC_0314 (1)_s
  「捕まえてみて~」(キミ)
   (本文とは関係のない写真)


そういえば、イオン系列のスーパーは朝7時からやっていて、
中にパンを焼いてるコーナーがあったなぁ。
そんなメチャクチャ美味しいわけではないけど、
コンビニパンとは違う調理パンって、やっぱり嬉しい

DSC_0315 (2)_s
 「キャーー

というわけで、ちゃろーさんにもリクエストを聞いて、
「OK! カツサンドとハンバーガーやねっっ」と、
張り切って7時過ぎに車でスーパーに向かった
・・・・・・
・・・・・・
昨日の売れ残りの
パン2個しか置いてなかった


 kururi_20121020123936.jpg
  「残念でしたっっ

・・・・うん。 そうやんね。
考えたら、朝7時に焼きたてパンを出そうとしたら、
働いてる人達はすごい大変やもんね・・・。 (5時出勤?)

というわけで、
昨日の売れ残りのパン(30円引き)を買って
朝日を浴びながら家路へとハンドルを切った、
そんな休日のはじまり。

↓でもキミには大好評 (今日の写真じゃないけどこんな感じ)
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

バナーbr_decobanner_20120217112313
人気ブログランキングへ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ↓HPがリニューアルされて、今の動物達の表情がたくさん紹介されています 
  『緊急災害時動物支援本部』

  ☆救援物資、義援金、ボランティア募集情報
  ☆被災ペット情報
  ☆被災者の方へのペット可物件情報

  ・財団法人日本動物愛護協会
  ・公益社団法人日本動物福祉協会
  ・公益社団法人日本愛玩動物協会
  ・社団法人日本獣医師会

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ★ コメント欄休んでおります~ ★
柴犬系雑種犬 動物写真 北海道 札幌

テーマ:■MIX犬■ - ジャンル:ペット

プロフィール

ハム助

Author:ハム助
⇒人生の後ろ半分北海道民の元関西人。
☆キミ(公)
⇒2002年、札幌市主催の「仔犬の里親探し」で、めでたくパートナーとなった雑種犬キミ。(多分3月中旬位生まれ)
「お母さん犬は豆柴」との説明とは裏腹に、野太く頑丈な足が示唆した通り、その後14kgほどに立派に成長。
2016年8月、14歳の夏に肥満細胞腫で左後足踵を手術。
リンパ節への転移や血栓、肝臓等々問題を抱えつつも、自然の匂い溢れる散歩コースを愛するマイペースなシニア犬。
☆ぐり
⇒2015年師走の時期にやってきた猫のぐり(男の仔)。キミと同郷(札幌市動物管理センター出身)の年の離れた弟分。眼光鋭い渋めの顔だちとはウラハラに、性格はとことん甘えん坊。

『HOKKAIDOしっぽの会』
飼い主募集のほか、高齢や持病のため会で暮らすことになった犬達・猫達のための「足長基金支援制度」があります。 「住宅事情等のため譲受は難しい、でも保護ワンコ・ニャンコ達のために何か支援がしたい!」と思っている方、一度『足長基金支援制度』を検討してみてください♪
hokkaidoshipponokai
最新記事
<MIX中型犬>
  参加中
  • br_decobanner_20100318141936.gif
  • blogram投票ボタン
  • ★カテゴリー別記事★
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
      本文:

    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブログラムグーバー