まさか・・・ショック!!(仔猫のトイレ①)

時はさかのぼって、ぐりを家に迎えた初日。
身体の小さなぐりが使いやすいようにと、
縁の浅いトイレを探して買ったのが、某『にゃ○とも清潔トイレ・仔猫用』。

★DSCF6952 (1)thum
 ストーブを満喫中のぐり。 (本文とは関係なし)

このトイレ、名前の通りに本当におしっこの匂いが残らなくて、
「今はいいトイレ(&砂)があるんやね~」と思わず感動のわたし達。

ぐりもちゃんとそのトイレでおしっこするし、
猫ってすごいなぁと感心していたところ・・・2日目か3日目のとき、
おや? ぐりがキミのベッドの毛布をクンクン嗅いでるぞ。

★DSCF6954 (1)thum
 寝返り中

・・・ん、その姿勢は?・・・ま、まさか?!
はい。 なんとキミの毛布でオシッコをしてしまったぐり。

なんでやろう? なんでやろう??
トイレ掃除はこまめにしていたので、考えられる原因としては・・・
① トイレ本体か、猫砂が気に入らない。
② キミの存在がストレスなので、オシッコの匂いをつけて安心したい
③ 男の仔なのでマーキング

★DSCF6956 (1)thum
 どっこいせと。

・・・でもまだ生後1ケ月そこそこなので、
③の「マーキング」はちょっと考えにくい。
さらに②の「キミの匂いに上書きしたい説」は、翌日の夜却下されることに。

それは人間用の布団を敷いたとき。
・・・まる一日気付かれずに熟成された、ぐりのオシッコの強烈な匂いがっっ!
う、うわーぁっっ、ぐりここでもしてたんかー!!
・・・ということは、どうやら「キミ云々」ではなく、
今の猫用トイレよりも、布団や毛布の方が
ぐりにとっては「快適なトイレ」だということ。

★DSCF6957 (1)thum
 あらま、かわいい。

そのトイレは二段になったメッシュ型で、下に消臭シートを置くタイプ。
そのメッシュ部分から砂が落ちないよう、
「仔猫用極小タイプ」といってもそれなりの大きさがあるペレット型の砂。

・・・・そういえば、
前に観ていたアニマルプラネットの『猫ヘルパー』で、
「仔猫や、元野良猫・身体の弱った猫は、
 大きな粒の猫砂を嫌がる」って言ってたな・・・。
というわけで。
ペットコーナーでとりあえず一番細かい猫砂を買って入れてみて、
メッシュ部分も外し、ハラハラしながらぐりの様子を見ることに・・・。

するとぐり、
「そうそう、これこれ!」って感じで思いっきり砂をかきまくり、
しばらくその感覚を堪能した後で・・・チャ~~(←おしっこ)

★DSCF6958 (1)thum
 次の瞬間にはおっさん顔。

こうして細かい砂に替えて以降は、
二度とトイレ以外で粗相をすることはなくなって、
ホッッと胸を撫で下ろしたわたし達。
砂の細かさって、猫によってはものすごく重要ポイントなんやなぁ・・・。

でもこれで一件落着というわけにはいかず、
「仔猫のトイレ問題」は次回に続くのであった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
Kさんへ
ブリザードの細かい氷を吸うと、肺の中まで冷え冷えですわよ♪
最近わたしの手も傷だらけで、「ぐり♪」っていうより
「必殺仕事人・銀スケ」と化しております。
しかも何故かガブガブ&キックキックはわたしにだけ・・・(シクシク)
~~~~~~~以下の2つに参加中~~~~~~~

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村



★コメント欄と私のFC2訪問足跡機能をお休みしております~★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ↓今の動物達の表情がたくさん紹介されています 
  『どうぶつ救援本部』

  ☆救援物資、義援金、ボランティア募集情報
  ☆被災ペット情報

  ・社団法人日本獣医師会 等々
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

プロフィール

ハム助

Author:ハム助
⇒人生の後ろ半分北海道民の元関西人。
☆キミ(公)
⇒2002年、札幌市主催の「仔犬の里親探し」で、めでたくパートナーとなった雑種犬キミ。(多分3月中旬位生まれ)
「お母さん犬は豆柴」との説明とは裏腹に、野太く頑丈な足が示唆した通り、その後14kgほどに立派に成長。
2016年8月、14歳の夏に肥満細胞腫で左後足踵を手術。
リンパ節への転移や血栓、肝臓等々問題を抱えつつも、自然の匂い溢れる散歩コースを愛するマイペースなシニア犬。
☆ぐり
⇒2015年師走の時期にやってきた猫のぐり(男の仔)。キミと同郷(札幌市動物管理センター出身)の年の離れた弟分。眼光鋭い渋めの顔だちとはウラハラに、性格はとことん甘えん坊。

『HOKKAIDOしっぽの会』
飼い主募集のほか、高齢や持病のため会で暮らすことになった犬達・猫達のための「足長基金支援制度」があります。 「住宅事情等のため譲受は難しい、でも保護ワンコ・ニャンコ達のために何か支援がしたい!」と思っている方、一度『足長基金支援制度』を検討してみてください♪
hokkaidoshipponokai
最新記事
<MIX中型犬>
  参加中
  • br_decobanner_20100318141936.gif
  • blogram投票ボタン
  • ★カテゴリー別記事★
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
      本文:

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブログラムグーバー