復讐の味

納得のいかない様子で一点を見つめるキミ。

★DSCF8684 (2)thum

その視線の先には・・・・

★DSCF8677 (1)thum
 キミのベッドに鎮座するぐり。

4ヶ月齢を過ぎた丁度この写真の頃から、
キミのベッドを好んで使うようになったぐり。

★DSCF8680 (1)thum
 「どかないもーーん。」

前は「キミと一緒にいたいから」ベッドを使ってたのにねぇ。

これが犬同士だったら黙っていないだろうけど、
猫のぐりに対しては何事においても譲ってしまうキミ。
なので、ベッドを奪い返すようなこともせず、
ぐりのしたいようにさせているのだった。

で。 先日、急に寒さが戻ってきた日のこと。

★DSCF9451 (1)thum
 ぐりのベッドに鎮座するキミ。

「ぐりに譲ってばかりの奥ゆかしいキミ」
・・・そんな風にみていたけれど。
もしかするとこの行動は・・・

★DSCF9442 (1)thum
 キミの復讐だったのかもしれない。

が。 復讐の味は、実際は蜜ではなくとても苦いという。
ぐりの小さなベッドに体をほぼはみ出した状態で寝る、
そんな荒行にトライするキミの姿はこれ以降二度とみられなかった。

~~~~~~~~~以下の2つに参加中~~~~~~~~~

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Kさんへ
キミもそうだけど、ある程度の年齢になってくると
元気な仔でもやっぱり腰や節々の違和感はありますよね(><)
やーー、でも原因がわかって、それは本当によかった~~^^
これからそちらは梅雨だけど、Nちゃん頑張れ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★コメント欄はお休み中ですが、サイドバーのメールフォーム開いております~★  

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

プロフィール

ハム助

Author:ハム助
⇒人生の後ろ半分北海道民の元関西人。
☆キミ(公)
⇒2002年、札幌市主催の「仔犬の里親探し」で、めでたくパートナーとなった雑種犬キミ。(多分3月中旬位生まれ)
「お母さん犬は豆柴」との説明とは裏腹に、野太く頑丈な足が示唆した通り、その後14kgほどに立派に成長。
2016年8月、14歳の夏に肥満細胞腫で左後足踵を手術。
リンパ節への転移や血栓、肝臓等々問題を抱えつつも、自然の匂い溢れる散歩コースを愛するマイペースなシニア犬。
☆ぐり
⇒2015年師走の時期にやってきた猫のぐり(男の仔)。キミと同郷(札幌市動物管理センター出身)の年の離れた弟分。眼光鋭い渋めの顔だちとはウラハラに、性格はとことん甘えん坊。

『HOKKAIDOしっぽの会』
飼い主募集のほか、高齢や持病のため会で暮らすことになった犬達・猫達のための「足長基金支援制度」があります。 「住宅事情等のため譲受は難しい、でも保護ワンコ・ニャンコ達のために何か支援がしたい!」と思っている方、一度『足長基金支援制度』を検討してみてください♪
hokkaidoshipponokai
最新記事
<MIX中型犬>
  参加中
  • br_decobanner_20100318141936.gif
  • blogram投票ボタン
  • ★カテゴリー別記事★
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
      本文:

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブログラムグーバー