ピンチ

早くて1日、長くて2,3日と言われていたキミの入院。
・・・・・だったのだけど、
術後の皮膚の状態が思わしくなくて、もう少しかかりそうな気配

 ★DSC_0258 (1)thum
 ※手術前、週末の中島公園。

ピンチなのは、大学病院がそろそろ夏季休診に入るので、
も、も、もしかしたら夏休み明けまで入院ということにも
というわけで、今日は先生に
「急変する危険が低いのであれば、処置には毎日通うので
なんとか家で過ごせないだろうか」と相談するつもり。
 
★DSC_0260 (1)thum
 北海道ではアジサイは真夏の花

もちろん無理はいけないのだけれど、理由は・・・・

IMG_3285 (1)thum[1]
 キミが精神的にそろそろ限界。

顔から表情が消えつつあります・・・
あ、ただ安心できたこともあって、
こんな状態でも昨日は立つことができるようになっていて、
外でオシッコもできるようになったこと。
(↑昨日の面会はずっと外で過ごさせてもらえた

家でたっぷり寝てたっぷり食べた方が、
傷の治りも早いと思うんだけど、夏休み前の退院は難しいかなぁ(涙)

<おまけ>日の落ちた公園内にて↓

★DSC_0279 (1)thum
後ろの人達はみんな「ポケモンGO」中・・そしてモンスターぽいキミ。


~~~~~~~~~以下の2つに参加中~~~~~~~~~

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村


キジトラ猫ランキングへ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
サンさん☆ 病院の先生の方から「外で過ごしても大丈夫ですよ」と言ってくれたりと、
そんな心遣いがありがたいです♪ キミ、入院がだいぶ長引いてますが、
元気で帰って来てくれることを信じて、できることをやっていこうと思います☆
ぐりは寂しいのか、寝る前にタップリ遊んでも夜鳴きをしてしまう最近^^;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★コメント欄こっそり開けておりますが、バタバタ中で個別のお返事できなかったらごめんなさい!★  

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キミちゃ~~~ん(ToT) 痛々しい・・・変わってあげたい・・・(T_T)

どんなに病院で優しい先生達に手厚く看護されても
難しい処置がないんだったら家の方が絶対にいいよね~

センセに土下座してでも連れて帰ってあげてっ!!!
・・・て、まぁ、状態によるのはわかってるんだけど、
リラックスできる環境、いい睡眠は最強のお薬だと思う~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

えーーーっ(T□T)そんなぁ(泣)何とか家に戻ってほしい!!!…けど、病院にいた方がすべて安全で安心。っていうのもわかります。でもキミさんの顔見たら連れて帰りたい(泣)だって精神的な部分って大切だし。あーーっ、どうなるんだろう。どっちのパターンもわかるから複雑ですね(泣)もしキミさんが一言でも教えてくれたらすぐ『その気持ち』に答えてあげたい!ですよね!?(泣)
すいません。余計な事言っちゃって…。
ぐりちゃーん!助けてーーっ!キミさんにパワーを!

No title

できることなら、可能だったらお家で静養させてあげてください。
ひとりぼっちで知らない病院のケージで過ごすより
キミちゃんにとってどんなにか精神的にいいか。
病は気からではないけど傷の治りもよくなると思います。

実際にうちのくうたも3/1に余命2日と言われ退院させて
家でお水を飲んで寝かせていましたが
日に日に元気になってゆきました。
もちろん今はうそみたいに元気です。

一日も早く退院できて、傷が癒え、病魔が立ち去ることを祈っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ハム助

Author:ハム助
⇒人生の後ろ半分北海道民の元関西人。
☆キミ(公)
⇒2002年、札幌市主催の「仔犬の里親探し」で、めでたくパートナーとなった雑種犬キミ。(多分3月中旬位生まれ)
「お母さん犬は豆柴」との説明とは裏腹に、野太く頑丈な足が示唆した通り、その後14kgほどに立派に成長。
2016年8月、14歳の夏に肥満細胞腫で左後足踵を手術。
リンパ節への転移や血栓、肝臓等々問題を抱えつつも、自然の匂い溢れる散歩コースを愛するマイペースなシニア犬。
☆ぐり
⇒2015年師走の時期にやってきた猫のぐり(男の仔)。キミと同郷(札幌市動物管理センター出身)の年の離れた弟分。眼光鋭い渋めの顔だちとはウラハラに、性格はとことん甘えん坊。

『HOKKAIDOしっぽの会』
飼い主募集のほか、高齢や持病のため会で暮らすことになった犬達・猫達のための「足長基金支援制度」があります。 「住宅事情等のため譲受は難しい、でも保護ワンコ・ニャンコ達のために何か支援がしたい!」と思っている方、一度『足長基金支援制度』を検討してみてください♪
hokkaidoshipponokai
最新記事
<MIX中型犬>
  参加中
  • br_decobanner_20100318141936.gif
  • blogram投票ボタン
  • ★カテゴリー別記事★
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
      本文:

    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブログラムグーバー