あの日から1年


★DSCF1849-1 (2)thum

丁度1年前の今日。
その時お世話になっていた動物病院で
「大丈夫だと思うけど念のために」と受けた左後足踵の針生検。

それより何年も前、道北の病院で
最初にキミの足がポンと腫れた時から定期的に診てもらっていて、
「癌なら、こんな風に長い間キレイに腫れが引くことはない」
と数人の先生に言われて、迂闊にも安心しきってしまっていたわたし。

この時もほとんど心配もせずのんきに待っていると、
「意外な結果がでて僕自身も驚いています」という言葉と共に
告げられたのは、悪性癌の一種である『肥満細胞腫』という結果。
(肥満細胞腫はしこりができないタイプもあることで「大いなる詐欺師」
 とも呼ばれていて、この場合経験豊かな医師でも発見が難しいらしい)

★DSCF1850-1 (1)thum

それからはオロオロしながら大学病院での診察、
そして「手術せず放っておけば癌が暴走して『悲惨』なことになる」
との医師の言葉を聞いて(正直ビビッてしまい)、踵の手術へ。

そして手術で切り取った部位の病理組織診断書は
「グレード(1~3のうちの)2」「ステージ(0~4のうちの)2~3」
「膝窩リンパ節では髄洞内に多数の腫瘍細胞が充満しています」
という厳しい結果で、もうどう受け止めていいのかもわからず・・・

でも。 大変だったのはむしろ手術後の傷口の経過。
移植した皮膚の壊死と細菌感染で、
「足の切断」と「敗血症で手遅れ」の可能性という言葉を
幾度か聞かされて覚悟もせざるを得なかった。

そんな去年の夏は、数えきれない位大学病院に通って、
離ればなれになった診察室で、何年も鳴いたことがなかったキミを
ギャンギャーン!!と悲痛な声で本当にたくさんなかせてしまった・・・
そんな、辛かった夏と秋。
あんなに長い間キミに辛い思いをさせるなんて
予想していなかったことだったから、
思い出すと今もキミに心から申し訳なく感じてしまう。

★DSC_0577 (1)thum

でも「辛かった夏と秋」と書いたけど、それはウソかも。

絶叫するキミを思い出すと辛い、という意味では本当だけど、
いつもキミには、なんていうのか
「あっさりとした強さ」みたいなのがあって、
病院を一歩出て緑の公園で一休みすると、
(足が腐りかけていた時でさえ)ケロッと笑顔になって、
嬉しそうに3本足で歩いては、いつも私を笑顔にしてくれて、
声をあげて笑わせてくれることもしょっちゅうだった。

「予想していたよりずっと早く、突然にキミを失ってしまうかもしれない」
その現実を突きつけられるたび、たくさん涙を流したけれど、
でもそれ以上に笑うことが多かった不思議なあの頃。

キミだってもちろんグッタリと具合の悪い時もあったけど、
酷い非日常のなかでも、動かない自分の足なんて気にせず
「外はいいわよね~♪」「あ、これすごくおいしい!もっとちょうだい」と、
ケロリとした顔で笑って、サラサラリ~と生きて
そして今もやっぱりどこかそんな風に生きているキミ。

そんなキミの姿に、わたしもいつの間にか
「大事な時にオロオロせず行動できるように覚悟はする。
 けど、先を憂えたりはしない。キミが笑ってくれる日は、
 ただただその笑顔を目一杯に受けとって一緒に生きていこう」
そんな在り方に自然に落ち着いていった。

★DSCF1857-1 (1)thum

そして今。
キミははしゃいで走っている。
前に比べたら走れる時間はほんの少しで、
歩幅が小さいからスピードだって随分と落ちたけど、
ホンニンは以前と変わらないフルスピードのつもりでいるのが可笑しい。

1年、経ったんだね。
1年、生きていてくれたんだね。 
ありがとう、キミ。大好きよ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あ、「手術」のこと、なんだかコワイことばかり書いてしまったけど、
キミのケースは「踵の手術のそもそもの難しさ」にプラスして、
偶然のアクシデントと人為的なアクシデントと大病院のシステム的なアクシデントが
重なって起きてしまっためったにないケースだと思うので、余りそこは参考にしないで~。
手術後の皮膚の壊死や、その後の細菌感染(とその細菌に効く抗生物質が処方されなかったこと)
がなければ、キミは今肥満細胞腫が暴走することなく1年を超すことができているので、
本来だったら「やってよかった」といえる手術だったのかな?

~~~~~~~~~以下の2つに参加中~~~~~~~~~


にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村


キジトラ猫ランキングへ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

一年かぁ~ 早いね~

その一年前はちょっぴり(ホントにちょっぴりか?)神様を恨んだりしたけど、今日は神様に感謝だね。

本当にみんな、逞しいね! 健気にいつまでも逞しい!
まとってる空気がなんと言うか・・・綺麗だよね!

毎日、毎日思ってるよ!
キミちゃんもぐりぐりも、うちの仔らも・・・世界中の綺麗な仔達が
今日も一日健やかに穏やかに過ごせますようにって!

キミちゃん、今日もわたし達にも笑顔をありがとうね(^.^)/~~~

No title

もう 一年も  経ったのですね。月日が経つのは
早いです。色々の大変な事もあったでしょう。
いっぱい心配もしたでしょ。 でも 思い出すのは
キミさんの お散歩楽しい♪♪ 笑顔です。
もっと頂戴!! 催促でした。 ブログで いつも
ほのぼのさせてもらい ぐりちゃんで 噴き出させてもらい、 ハム助さんの 苦労を感じさせない
ワン、ニャン、 です。いっぱいほめてあげてくださいね(^^)

お返事

☆非公開のAママさん☆
ありがとうございます~^^ そうですね、今年の夏は去年の分まで
みんなで楽しんで…と思っていたら、北海道じゃないみたいな猛暑!!
キミの笑顔が暑さでハヒハヒの顔にならないように気を付けないと^^;
Aちゃんもくれぐれも夏バテしないように頑張って~~(><)

☆korokorohanaさん☆ 
ホントに、守っているつもりが、実際はキミやぐり、それに美しい
この仔やあの仔達に教えられたり与えられたりしてばかりで…^^
自分の仔達だけじゃなく、キミのことを想ってくれて、それに世界中の
みんなの幸せを願ってるkorokorohanaさんの気持ち、きっときっと届いてるわ♪

☆わんちゃんだいすき。さん☆
そうなんですよね~…あの夏・秋をふり返っても、不思議と全然風景に
暗い色味がないんです。それは本当に、サラリと逞しいキミと
キャラが個性的すぎて目が離せないぐりのおかげだとシミジミと感じます^^
今日はキミとぐりに「ありがとう」のマグロのお刺身かな…(笑) 
プロフィール

ハム助

Author:ハム助
⇒人生の後ろ半分北海道民の元関西人。
☆キミ(公)
⇒2002年、札幌市主催の「仔犬の里親探し」で、めでたくパートナーとなった雑種犬キミ。(多分3月中旬位生まれ)
「お母さん犬は豆柴」との説明とは裏腹に、野太く頑丈な足が示唆した通り、その後14kgほどに立派に成長。
2016年8月、14歳の夏に肥満細胞腫で左後足踵を手術。
リンパ節への転移や血栓、肝臓等々問題を抱えつつも、自然の匂い溢れる散歩コースを愛するマイペースなシニア犬。
☆ぐり
⇒2015年師走の時期にやってきた猫のぐり(男の仔)。キミと同郷(札幌市動物管理センター出身)の年の離れた弟分。眼光鋭い渋めの顔だちとはウラハラに、性格はとことん甘えん坊。

『HOKKAIDOしっぽの会』
飼い主募集のほか、高齢や持病のため会で暮らすことになった犬達・猫達のための「足長基金支援制度」があります。 「住宅事情等のため譲受は難しい、でも保護ワンコ・ニャンコ達のために何か支援がしたい!」と思っている方、一度『足長基金支援制度』を検討してみてください♪
hokkaidoshipponokai
最新記事
<MIX中型犬>
  参加中
  • br_decobanner_20100318141936.gif
  • blogram投票ボタン
  • ★カテゴリー別記事★
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
      本文:

    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブログラムグーバー