一人でできるもん

実は。
家のなかでは、ほとんど遊ばないキミさん
ボール、ぬいぐるみ、ロープ etc...。
色々試してみたけれど、何故か家の中では
「物」に全く興味を示さないのですな。

IMG_1195.jpg
「ほーら、キミ~。 ミッフィーちゃんだぞお~。」(ハム助)
「・・・・フッ。子供騙しで、笑っちゃうわ・・・。」(キミ)


唯一、オヤツを入れるタイプの「知育オモチャ」は、
前足と鼻を駆使して必死になるものの、
速攻でおやつをゲットしたら、後は見向きもせず。
(この激しい3Dプレイに、「て、天才か?!」と思ったけれど、
 これはオヤツへの異常な愛が為せる、キミの一瞬のキラメキらしい。)

もちろんキミがよければ、それでいいんだけど・・・退屈じゃないのかなぁ?
あ。後、オモチャやぬいぐるみを噛むのは、歯の健康にいいっていうし・・・。

IMG_0883_20100507000400.jpg
「・・・まったり、まったり・・・。」(キミ)
 
そんなわけで、キミのNEWオモチャを作成することに。

みなさんのブログを見ていると、ペットボトル好きのワンコが多いんですね。
キミはペットボトル自体には興味がないけれど、
オヤツをちょっと入れて、蓋は外して、途中をベコベコとへこませて
「出そうなんだけど出ない」感を演出してみる。

IMG_1167.jpg
「 おっやつ~、おっやつ~
 ・・・ぬぬっ? なかなか手ごわいわね・・・。」(キミ)


IMG_1170.jpg
「 ・・・ウキーっっ あんたなんか、
 こうしてっ、こうしてっ、ベコベコにしてやるわっっ!」(キミ)


キミさん、オヤツの出口である飲み口部分を噛みつぶしてしまい、
自らドツボを踏んでおります。
あははは
どうなるんやろうなぁ。

・・・・・。
あれ? 
キミさん、どっか行っちゃったわ。
オヤツ命のキミも、さすがに今回は諦めたんかな?

で。 ふと、残されたペットボトルに目をやると

IMG_1171.jpg

そ、底食い破っておやつゲットかーっっ!!

うーむ・・・。 ワイルドなおもちゃタイムやったね

・・・・破片はペッペして、周囲に散らばっていたので、ご安心くださいませ~。
IMG_1993トリミング
「ポチっと、ありがとうございまーすっっ!」 (感謝を叫ぶキミ)
br_decobanner_20100318141936.gif
ポチっとしてくれたあなたに・・・キミから感謝の「チュッ


テーマ:■MIX犬■ - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして
いつも楽しく拝見していますよ。

きみさんやりましたねぇ~
ペットボトルって底の部分は堅いのに。
破壊力?執念??


No title

キミさんはお家の中では、おもちゃで遊ばないの!
いろんなタイプのワンちゃんがいますね。
ペットを破壊する様子は
まだまだギャル犬ですよ^m^

No title

はじめまして

うちにもおもちゃに興味がない子と、
逆に興味がある子がいるんですが、
興味がある子のほうは、なんでも食べてしまって
一時期大変な思いをしました。
ぬいぐるみの中の綿やプラスチックの目の部分など。。。
キミさんのように、ちゃんとペッペしてくれる子じゃなかったので、
これはヤバイと何度も冷や汗をかきました。。
今は、教えて、やっと食べないようになりました。

暇そうだけど、お腹に異物が入るより、いいか、、、
と一安心してます。

ペットボトルならお金のかからないオモチャで、
エコですね。キミさん♪ポチ^^

takaikoさんへ

takaikoさん、コメントありがとうございます~♪

うふふ。 実はペットボトルのオモチャ
『ななつの仔』(の、まるこちゃんだったかな??)
からもヒントをいただきました!(無断拝借してすみません~。)

でもキミの場合、食い意地が張りすぎて、
衝撃のラストで終わってしまいました・・・。

セレナーデさんへ

そうなんですよ~っ。
ロープで引っ張り合いっことかしてくれないのは
ちょっと寂しい・・・。

こんな“野生のキミ”を
ギャルっていってくださるなんて・・・(涙)
キミが隣でいい気になってます。

母ちゃんさんへ

ご訪問&コメント、ありがとうございます!

実は私も、キミの余りの激しいカミカミに
途中から少し「口切らないかな?」「飲み込まないかな?」
と、心配になりました~。

しばらくちょっと、ウンコに注目してみようと思います^^

この他、破れた靴下を丸めるというエコグッズもございます♪
プロフィール

ハム助

Author:ハム助
⇒人生の後ろ半分北海道民の元関西人。
☆キミ(公)
⇒2002年、札幌市主催の「仔犬の里親探し」で、めでたくパートナーとなった雑種犬キミ。(多分3月中旬位生まれ)
「お母さん犬は豆柴」との説明とは裏腹に、野太く頑丈な足が示唆した通り、その後14kgほどに立派に成長。
2016年8月、14歳の夏に肥満細胞腫で左後足踵を手術。
リンパ節への転移や血栓、肝臓等々問題を抱えつつも、自然の匂い溢れる散歩コースを愛するマイペースなシニア犬。
☆ぐり
⇒2015年師走の時期にやってきた猫のぐり(男の仔)。キミと同郷(札幌市動物管理センター出身)の年の離れた弟分。眼光鋭い渋めの顔だちとはウラハラに、性格はとことん甘えん坊。

『HOKKAIDOしっぽの会』
飼い主募集のほか、高齢や持病のため会で暮らすことになった犬達・猫達のための「足長基金支援制度」があります。 「住宅事情等のため譲受は難しい、でも保護ワンコ・ニャンコ達のために何か支援がしたい!」と思っている方、一度『足長基金支援制度』を検討してみてください♪
hokkaidoshipponokai
最新記事
<MIX中型犬>
  参加中
  • br_decobanner_20100318141936.gif
  • blogram投票ボタン
  • ★カテゴリー別記事★
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
      本文:

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブログラムグーバー