今日も楽しい~そりの遊び~HEY!

では本日は、キミ流雪の楽しみ方第二弾を。

何を隠そう、キミはフリスビーをソリにみたてて、
自分で滑降を楽しむことができる犬
ただ、四本全てが足という、避けられない犬の宿命を負っているため、
ソリを楽しむのは人間族ほど容易なことではないのです。

試練その1. 
フカフカ OR ガタガタで滑らない雪道にフリスビーをセットしてしまう



はい。 実に地味な動画です。
キミさん、途中で諦めて、普通にくわえて持ってきていますね。

場所に問題がなければ、お次はフリスビーの裏側を上に向けるキミ。
こうすることで、フリスビーの持ち手(?)が
良いあんばいに前足のストッパーになるらしい。

そこで試練その2.
フリスビーを上手く裏返すことができない



準備段階で、ズルズルと慣性の法則によって降りてきてしまうキミ。
やさしい皆さんは、どうぞ「最初からフリスビー
裏返ったままじゃん!」とか突っ込みは入れないでね
「口でフリスビーを十分グイグイ引っ張ってから、前足をセットする」
という形式美にこだわらずにいられないキミなのです。

そして、そんな数々の試練を越えて、やっと・・・・



よーしっ、やったぞキミっっ
・・・・・・。
・・・・・・はい。
スノーボーダーのように、後ろ足もそりに乗せて滑る
華麗なキミの姿を期待していた方、大変申し訳ありません。

それでも雪に乗って滑走してしるつもりらしいキミ
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

br_decobanner_20100318141936.gif
ポチっとしてくれたあなたに・・・キミから感謝の「チュッ


テーマ:■MIX犬■ - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キミさん無事成功おめでとうございます!
って結構スピードありますね!

降りてきたキミちゃんの満足だって表情がまたいいですね”

No title

キミちゃん、滑降成功おめでとう!
結構なスピードがありそうだけど怖がらないんですねー。
後ろ脚はしっかり走って着いていって。
足がもつれる事もなくて、まだまだ若いね、キミちゃん。
キミちゃんの得意気な顔がイイですよね!
成功動画に小さい声で入るハム助さんの声が優しいな~( ´艸`)

今年の広島は近年には珍しく雪が多く、先日マロの雪遊びをたっぷり楽しみましたー。
北海道に負けない雪質と、キミちゃんに負けない元気さで
小さいながらも走り回りましたよ。

No title

かっちょええー!
キミさんてば、自信に満ちた顔しながら
滑り降りてきましたね♪
いや、素晴らしい!!

寒いけど色んな楽しみがあるから
雪って良いなって思います^^
って、このセリフは雪が無い所の住民だからなのかな^^;

キミさん 格好良く滑ってたね。

…ウソです。私の携帯からは見られないんです。(>_<。)

こんなにキミさんが好きなのに!しょんぼり。

No title

おおお!
すごいじゃないですか!
くわえて持って帰って来るだけでも尊敬ものなのに
(前足だけとはいえ)乗って滑るなんて!
珍百景に出れそう~^^

五郎さんへ

たまにスピードにのり過ぎて、
雪のなかにダイブすることもあります~^^;

投げるのをやめると、マウンティングして反抗したりと、
ソリの後はちょっといい気になってしまうんですよねぇ(汗)

maroriさんへ

広島の雪、ブログで拝見しましたよ! 
北海道に負けないくらい大量に降ってましたねぇ^^v

滑る音だけ残して、声は全部消したつもりだったんですが、一言だけ残ってましたね・・・(汗)

ちなみにこの前、フリスビーがコブに当たってキミが前に飛んじゃって・・・き、気をつけよう・・・。

taearcさんへ

いつの間にか勝手に覚えたソリ滑り・・・
これは大好きなのに、本当のソリに乗せようとすると
すごく嫌がって即行で飛び降りるんですよ~^^;(謎だわ・・・)

北海道の雪は湿っていなくて軽いので、傘もいらないし楽しいですよ~♪

まだらさんへ

えっっ! 携帯だと動画見られないこともあるんですかー(><)
(携帯を全然使いこなせていない、携帯オンチのわたし・・・。)

また今度ソリ写真もアップすると思うので、
滑る(走る?)キミを見てやってくださいね!

KEIKOPYさんへ

昔、近所のワンちゃんで、背中(横っ腹?)で雪山を滑って楽しむ仔がいました。
そんな「セルフソリ」に比べると、まだまだ甘いキミさんです^^;

それに・・・外でロングリードでも、呼んだらちゃんと来る(←しかも嬉しそうに)
たろうくんの方がずっとすごいですよ~っ。うらやましーっっ(><)
プロフィール

ハム助

Author:ハム助
⇒人生の後ろ半分北海道民の元関西人。
☆キミ(公)
⇒2002年、札幌市主催の「仔犬の里親探し」で、めでたくパートナーとなった雑種犬キミ。(多分3月中旬位生まれ)
「お母さん犬は豆柴」との説明とは裏腹に、野太く頑丈な足が示唆した通り、その後14kgほどに立派に成長。
2016年8月、14歳の夏に肥満細胞腫で左後足踵を手術。
リンパ節への転移や血栓、肝臓等々問題を抱えつつも、自然の匂い溢れる散歩コースを愛するマイペースなシニア犬。
☆ぐり
⇒2015年師走の時期にやってきた猫のぐり(男の仔)。キミと同郷(札幌市動物管理センター出身)の年の離れた弟分。眼光鋭い渋めの顔だちとはウラハラに、性格はとことん甘えん坊。

『HOKKAIDOしっぽの会』
飼い主募集のほか、高齢や持病のため会で暮らすことになった犬達・猫達のための「足長基金支援制度」があります。 「住宅事情等のため譲受は難しい、でも保護ワンコ・ニャンコ達のために何か支援がしたい!」と思っている方、一度『足長基金支援制度』を検討してみてください♪
hokkaidoshipponokai
最新記事
<MIX中型犬>
  参加中
  • br_decobanner_20100318141936.gif
  • blogram投票ボタン
  • ★カテゴリー別記事★
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
      本文:

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブログラムグーバー