北国にも春の予感

昨日は最高気温5℃と、ものすご~く暖かかった札幌。

さすがにこれは3月下旬並みの気温だけど、
やっぱり最近は雪景色のなかでも、
「春が一歩一歩近づいてるんやなぁ~」と感じることがしばしば。

pokapoka1.jpg
 「・・・ふ~ぅ・・・」(キミ)

それは、柔らかい陽射しの色合いだったり、
山道を歩いていて、ふと感じた雪の下の土の匂いだったり、
冬モードの黒緑色のエゾマツの葉っぱから届いた、
力強い緑とヤニのくっきりとした一瞬の香りだったり。

そしてちょっとエコーしながら、遠くの遠くの音まで聞こえてくるのも、
春への季節の変化の大きな特徴。

というわけで。
そんな色々な変化に、キミの気もそぞろになることも・・・・。

soranooto0.jpg
 「・・・まぁ。 なんか空からバラバラ音が聞こえるわ?」(キミ)
 「キミ、せっかく投げたボールが放置されてるよ」(ハム助)


遠くの方から、かすかに聞こえてくる飛行機の音が気になるキミ。
山でのボール遊びはいつもノリノリで、際限なく持ってくるのにねぇ。

ほらほらキミ、ボールあっちにあるから持っておいでー。
のぼりの斜面が腿にキツイので、自分で取りにいきたくないわたし。)
そんな声援(?)に促されて、ボールを取りに方向転換するキミ。

soranooto.jpg
  でもやっぱり気になる

・・・・・まあ、春の変化って、
なんか気持ちも、あっち行ったりこっち行ったり、
フワフワしてしまうもんね

この後、「あーっ、大変大変っっ、ボールが転がっていくよー!」(←嘘)
と、なんとかボールを取りに行かせた私。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

br_decobanner_20100318141936.gif
ポチっとしてくれたあなたに・・・キミから感謝の「チュッ


テーマ:■MIX犬■ - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最高気温5度でも・・・雪はタップリコンですね。
オスワリしたキミさんのお尻は
雪に埋もれてるし~^m^

ボールをとりに行きたくない・・・ってわかります。
斜面が大変なのはもちろん~

自分で投げたボールを拾いに行くって
虚しさが残りましよね・・・。^_^;

キミさん、音が気になっても怖がったりはしないみたいですね。

今日から画像が見られるようになりました。オホホホホ。どこのどなたか存じ上げませんが、ありがとうぉぉぉ。

先日のキミさんの布団サンド写真を見たウチの爺ちゃん(人間)が、「天使みたい!」と。
爺ちゃんがそんな言葉を発するのを初めて聞きました。
私はロールケーキを見つめるキミさんがラブリーだと思う。

セレナーデさんへ

は~い、雪の下の土が見えるのはまだまだ先ですよー^^

ふふふ、さてはまるちゃんも投げたボールを取りに行ってくれないことがあるんですね~。
しかも自分で取りに行くと、いつの間にか足元に寄って来て
「投げて投げて♪」とさらに要求されたりしますよね(涙)

まだらさんへ

あ! 画像見られるようになってよかったです~♪

ひゃーぁぁ、お爺ちゃんありがとうございますーっっ(><)
「天使」だなんて、あまりにも身に余るお言葉(ポッ)
でもダークサイドな表情も多いキミ、これから
おじいちゃんに「あ、悪魔じゃ・・・」って言われないようにしないと!(笑)

No title

「最高気温5℃と、ものすご~く暖かかった」
といっても寒そう(笑)
気温の基準がこちら(奈良)とは大きく違いますね。
で、自然もでっかい。
ワンちゃんものびのび暮らしているせいか、いい顔してますね!

まほろば丸さんへ

あら♪奈良ですかー!
そちらはもうボチボチ梅とかが咲いているんでしょうね~^^
ただ札幌は(吹雪のとき以外は)風が余り吹かないので、案外体感温度は暖かいんですよ~。

キミはちょっとのびのびしすぎて、「オイデ」を聞こえない振りしたりします・・・^^;
プロフィール

ハム助

Author:ハム助
⇒人生の後ろ半分北海道民の元関西人。
☆キミ(公)
⇒2002年、札幌市主催の「仔犬の里親探し」で、めでたくパートナーとなった雑種犬キミ。(多分3月中旬位生まれ)
「お母さん犬は豆柴」との説明とは裏腹に、野太く頑丈な足が示唆した通り、その後14kgほどに立派に成長。
2016年8月、14歳の夏に肥満細胞腫で左後足踵を手術。
リンパ節への転移や血栓、肝臓等々問題を抱えつつも、自然の匂い溢れる散歩コースを愛するマイペースなシニア犬。
☆ぐり
⇒2015年師走の時期にやってきた猫のぐり(男の仔)。キミと同郷(札幌市動物管理センター出身)の年の離れた弟分。眼光鋭い渋めの顔だちとはウラハラに、性格はとことん甘えん坊。

『HOKKAIDOしっぽの会』
飼い主募集のほか、高齢や持病のため会で暮らすことになった犬達・猫達のための「足長基金支援制度」があります。 「住宅事情等のため譲受は難しい、でも保護ワンコ・ニャンコ達のために何か支援がしたい!」と思っている方、一度『足長基金支援制度』を検討してみてください♪
hokkaidoshipponokai
最新記事
<MIX中型犬>
  参加中
  • br_decobanner_20100318141936.gif
  • blogram投票ボタン
  • ★カテゴリー別記事★
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
      本文:

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブログラムグーバー