桜餅の色々

           
          「見てるだけ。」(キミ)
          「見せてるだけ。」(ハム助)
          「・・・(なんかムカ~)。」(キミ)
   某お菓子屋さんで、「ミニたい焼き」と「ミニ桜餅」を発見!
      か、かわいぃ。思わず買ってしまいました。
   

 さて。桜餅は、私の好きな和菓子の一つです。

その桜餅にも、関西風・関東風があるそうですねえ。
関東風は、桜色のもちの部分がノッペリしてらしいのですが・・・でも、関東・東北に食文化が近いような札幌(←独断)でも、あんまり「ツルツル桜餅」は見かけませんねえ。
関西生まれの私は、断然「粒々」派

・・・でも。子供の頃食べた桜餅、もっとモチ米が「ほとんど米」だったような記憶があります。
なので(一般的な)「ちょっとだけ粒々感の道明寺粉」の桜餅は、「スーパー用の手抜き桜餅」だと、子供の頃勝手に信じておりました。(失礼千万やわ
なんだろ? 道明寺粉にも、お店の個性で「超粗挽き」とかがあるのかな??

 そして子供の頃は、桜の葉をはいで食べておりましたが、
今では「あの葉っぱがいいんじゃな~い」と、なくてはならないものに。
ふ。私も大人になったわねぇ。
・・・などと思っていたら、関西の桜餅の桜の葉っぱはかたい種類で、
昔は食べないのが普通だったんだって~。
(そういえば、やたらと逞しい「モリモリっ」とした葉っぱだった記憶が・・・。)

今はそんな「桜餅文化」も、随分とボーダーレスになっている模様。
今度帰省したら、どうなってるかチェックしてみよ~。

         
        「かわいそうだから、おやつあげよ。」(ハム助)
        「えへっっ♪このクサーイの最高~」(キミ)
        「レバーペースト、臭いがリアルすぎる・・・」(ハム助)


  

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

いくおっちへ

では、今度会うときはそれぞれ「マイベスト桜餅」持参ということで・・・

多分。

焼き桜は多分「のっぺりした皮」の桜餅のことを言うと思うんだけど・・・。
実際お互い見ながら会話しないと分からないよね。
桜餅の皮がクレープみたいに焼いてあるやつ。
あくまでも、桜餅を焼いたやつじゃないです。

柏餅の葉っぱは、フレッシュな歯の味がします。
切なくなるくらい葉っぱの味です

ダックンのおネエしゃんへ

なはは!「ビニールの葉っぱ」は見たことない~
いくらお安いといっても、さすがにそれはあんまりだよね~。
「ミニたい焼き」はねえ・・・家で失敗したホットケーキみたいなお味でした~♪
焼き型が小さすぎて、焦げないように焼くからか、中が半生なのねぇ。

いくおっちへ

「焼き桜」というと、ノッペリタイプのことをそう呼ぶの??
「桜餅をさらに焼くのかな、さすが○○(いくおっちの地元)やな」などと想像してしまった・・・。
柏餅の葉っぱって、青汁並に(ある意味)活き活きした味がしそうやねえ

花衣ちゃんのお父さんへ

北海道の地域によっては、移住元(?)の食文化が今でも受け継がれてて、「へえぇ~」とビックリすることもしばしばですね~。
そういえば札幌に来たときは、「カレーに豚肉」というのもショックを受けました・・・。(でも今では断然豚肉派♪)

美味しそう

この鯛焼きに桜餅、美味しそうですね。おねえは小さい頃から桜餅といえば粒々道明寺派。そもそも焼き桜を知ったのはだいぶ大きくなってからで学生時代です。カルチャーショックでした。
塩漬けの葉っぱ☆餡子と相性バッチリで美味しいですよね。ハム助ちゃんと同じく子供の時は剥がして食べてたなぁ~。本物と偽物のビニールの葉っぱで値段が違うんだよね。

名無しでした ↓

また、名無しで[投稿ボタン]を押してしまいました。
それと、“多混在文化都市”⇒“多文化混在都市”の間違えです。

私の好み。

桜餅は、焼き桜が好きです。
どうも道明寺はあんまり・・・。
なぜかと言うと、子供の頃読んでいた漫画(最近ドラマ化された)「花より男子」の準主役「道明寺」が当時はあんまり好きじゃなかったから。
今読み返すと、「道明寺」はかなり私好みなのですが・・・。
あの頃は男を見る目がなかった。

さて、私は桜餅の葉ははがし、柏餅の葉は食べていた時期がある。
逆じゃん、誰か突っ込んでよ!!と逆ギレした高校生時代。

Unknown

こんばんは!
 >関東・東北に食文化が近いような札幌
独断では無いと思いますよ。確かにその通りですよね。ただ、西日本から開拓移住されている方も結構いるので、西の文化を受け継いでいる部分も有りますね。東京は“江戸文化の上に進化した多文化混在都市”ですが、札幌は“基本文化のない多混在文化都市”と言えるかの知れませんね。一番端的に現れるのが食文化ですね。
プロフィール

ハム助

Author:ハム助
⇒人生の後ろ半分北海道民の元関西人。
☆キミ(公)
⇒2002年、札幌市主催の「仔犬の里親探し」で、めでたくパートナーとなった雑種犬キミ。(多分3月中旬位生まれ)
「お母さん犬は豆柴」との説明とは裏腹に、野太く頑丈な足が示唆した通り、その後14kgほどに立派に成長。
2016年8月、14歳の夏に肥満細胞腫で左後足踵を手術。
リンパ節への転移や血栓、肝臓等々問題を抱えつつも、自然の匂い溢れる散歩コースを愛するマイペースなシニア犬。
☆ぐり
⇒2015年師走の時期にやってきた猫のぐり(男の仔)。キミと同郷(札幌市動物管理センター出身)の年の離れた弟分。眼光鋭い渋めの顔だちとはウラハラに、性格はとことん甘えん坊。

『HOKKAIDOしっぽの会』
飼い主募集のほか、高齢や持病のため会で暮らすことになった犬達・猫達のための「足長基金支援制度」があります。 「住宅事情等のため譲受は難しい、でも保護ワンコ・ニャンコ達のために何か支援がしたい!」と思っている方、一度『足長基金支援制度』を検討してみてください♪
hokkaidoshipponokai
最新記事
<MIX中型犬>
  参加中
  • br_decobanner_20100318141936.gif
  • blogram投票ボタン
  • ★カテゴリー別記事★
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
      本文:

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブログラムグーバー